秋の味覚。

こんちには、竹村です。
先日、柿をいただきました。
そのままでも美味しい柿ですが、子供が食べてくれないためアレンジした時の様子を工程順にお届けします。

まずはホットケーキミックスをご用意ください。※まじめにやってます。

こぶし大よりやや小さめの大きさで焼いておいてください。


ホイップクリームを作ります。

ペースト状にした柿を加えてください。
    

粒あんを合わせたら完成です。


柿クリームを挟んだどら焼き風です。
今回は手抜きが過ぎましたが、脂を蓄えた魚もおいしい時期ですし、秋~冬は地のものをつかって料理を楽しめたらと考えています。

 

「クラフトビール」「地ビール」の違い?

突然ですが「クラフトビール」「地ビール」の違いって分かりますか?
こんにちは、竹村です。

1993年以前はビールを作るには、酒税法で「ある程度の量」が作れる業者でないと営業の許可がされなかったそうです。
具体的には年間で「最低2000キロリットル」というなかなかの量。
1キロリットルが1000リットルなので、200万リットル?ですかね
計算あってますか?
お風呂が200リットルだとするとお風呂1万回分です。全然ピンときません。

当時は大手の独占状態だったそうで、小さい工場でビールを作るのは事実上できなかったそうです。
その後、1994年に酒税法の改正により「年間60キロリットル」まで引き下げられ、小さい醸造所でも、ビールを作ることができるようになり、ビールを作る小さな醸造所も増え、「地ビール」という言葉も生まれたそうです。

現在は、地ビールというとおみやげ要素が強いので、「クラフトビール」という言葉の方がよく使われるようです。
「職人の個性とこだわりが詰まったビール」という印象で良いですよね。

前置きが長くなりましたが、先日、湯河原にあるクラフトビールのお店に行ってきました!
「かどや」さんだと思った方はすみません。
かどやさんもクラフトビールを提供されている素敵なお店ですが、そちらはまた今度ご紹介させてください。

今日ご紹介したいのは「HUMANS BEER」(ヒューマンズビア)さんです。

かわいらしいロゴですがクラフトビールの醸造所です。

良く湯河原にいらっしゃる方でもどこにあるのか分からない方が多いのではないでしょうか。
地図をのせておきますね

福浦インターの脇にあります。
なかなかディープ湯河原な立地ではないでしょうか。

オーナー様はカナダ出身の方だそうで、地元食材を使ったビールやIPA(ホップを多く使ったビール)を日替わりで作っています。
先日、お邪魔した際はIPAとアダムスターチョコポーターというものがあったので両方購入させていただきました。

IPAはすっきりしていますがホップの苦みがガツン!ときて夏に飲みたい爽やかな美味しさでした。
アダムスターチョコポーターは黒ビールなのですが、成分表をよく見ると…

カカオニブと書いてありますね。
商品名にもチョコって入ってますし…ちょっと調べてみたところ、
カカオ豆を焙煎して、細かく砕いたもので、チョコにする際の砂糖やミルクを加える前の状態だそうです。
風味と苦みオンリーのチョコって感じですかね。ちなみにスーパーフードだそうです。
言われてみればチョコの風味がするような…すみません、やっぱり分かりません。
甘みの強い美味しい黒ビールでした。


商品ごとにストーリーが設定してあってラベルに書いてあります。
何とも素敵な演出ですね。

カカオニブは、ビール作りの際に香り付け等に用いられるポピュラーな副原料なんだそうで、副原料には意外なものだとわかめや鰹節なんかも酒税法上はOKみたいです。
何でも調べてみると面白いですね。

※参考 : 平成 29 年度税制改正によるビールの定義の改正に関するQ&A

話はそれましたが、いつもとはちょっと違うビールを飲みたい日は「HUMANS BEER」さんに行って湯河原のクラフトビールを味わってみてはいかがでしょうか。


〒259-0311 神奈川県足柄下郡湯河原町福浦437−6
https://humansbeer.com/

湯河原町スポーツ施設

竹村です。

休みが風が強い日にたまたまぶつかって子供と外で遊べない日が最近多いなと感じていまして、そんななか考えてみたのですが、「体育館を貸し切ってしまえばよいのではないでしょうか。」

とはいえそんな施設が湯河原にあったかな?と思い調べてみたところ
すぐに見つかりました。ヘルシープラザさんです。
海沿いの135号線沿い吉浜付近にあります。
https://www.yugawara-sports.jp/facility/healthy/

施設について
https://www.yugawara-sports.jp/facility/healthy/
施設の案内を見てみたところ、3階部分が対区間になっていて
どうやら前面貸し切れるようです。
最低利用人数等はあるかもしれないので、次の休みにでも確認してこようと思います。

ちなみに2階部分はルームランナー等トレーニングマシンが置いてあるようなので、運動不足を解消するためにもそちらの利用方法も聞いてこようと思います。

湯河原/Cafe & Bar【Bon】さん

竹村です。
先日、奥湯河原のCafe & Bar【Bon】さんにお邪魔してきました。

夜はバー、お昼はカフェとして営業されていますが、
意外と知らない方も多いようで穴場(?)となっております。

この日はオムライスを頂きました。

昔ながらの美味しいオムライスです。

お酒はウィスキーの種類が多めですよ。
2月の中旬にお邪魔したのですが、現在は閉店時間を早めているそうなので、
営業時間は都度ご確認ください。是非一度行ってみてくださいね!

湯河原の食事処 きたむら さん

竹村です。

定食のバリエーションが豊富な湯河原のお食事処にいってきました。
町役場の近くにある 【きたむら】さん です。
http://kitamura-yugawara.amsstudio.jp/

天丼、海鮮丼、刺身、蕎麦、ミックスフライにハンバーグ、うな重等なんでもあります。
【リンク:メニュー

家族で食べたいものの意見が割れた際はおすすめです。

先日はお蕎麦とミニ海鮮丼の定食を頂きました。
ミニと書いてありますが、なかなかのボリュームでした…
またお邪魔させていただきます^^

 

湯河原みかんの無人販売

お世話になっております、竹村です。
日差しが暖かい日がすこしずつ増えてきましたね

湯河原には、ほぼオールシーズンあるミカンの無人販売ですが、この時期になると増えます。
先日、フキノトウが売られているのを見かけたので買ってきました。

1パックに10個以上入って200円でした。激安です。
もちろんミカンも買ってきました!

大振りなミカンは水分が多くて酸味も強いですが、食べ応えがあって良いですよね。
反対に小ぶりなミカンは甘いものが多い気がします。
甘いミカンが好きな方は大きさ以外にも色で見分けるといいそうですよ!
ミカンの色はカロチノイドという色素なんだそうですが、ヘタまで黄色いものがあったりするので、見つけたら大当たりだと思って買ってください。

場所場所で味も違うので、息子たちといろんなところのミカンを食べ比べてみてます。
ここのミカンが美味しいよ!という情報がありましたら是非ご一報ください!

雪の日は箱根ウェブカメラをご活用ください。

竹村です。

先日、降雪のあった箱根ですが、物件をお持ちの方やこれから内覧の予定されている方としては現地がどんな状況か気になるところですよね。

振っている最中はもちろん移動は控えていただく方が良いのですが、

箱根エリアは次の日のお昼には溶けてしまっているような状況も少なくありません。

せっかく利用の機会を逃さないためにも下記の箱根のウェブカメラをご活用ください。

【箱根町のウェブカメラ】
https://www.hakone.or.jp/7273

宮ノ下付近の状況と、仙石原付近の状況が確認できるとおおむねの道路状況は分かると思います。

【宮ノ下】

【仙石原乙女峠】

雪の状況は分かりづらいかもしれませんが、
芦ノ湖と富士山を望める芦ノ湖ウェブカメラがおすすめですよ^^
【芦ノ湖】http://www.hakone.or.jp/web-camera/camera_window6.html

ミナカ小田原って何があるの?

すごく今更ですが、小田原に直結している駅ビルの話題です。竹村です。
知ってはいるけど、未だに行けてない。という方も意外と多いのではないでしょうか。
最近まで自分もその一人でしたので安心してください。
今日はそんな方向けのブログになります。

そもそも中に何があるの?という話からですが、
ざっくりお話しするとホテルと食事処と足湯と労基署です。

そのほかクリニックや図書館や子育て支援センターなんかが入っていたり、
小さな町になっています。

詳しくは下記のフロアガイドをご確認ください。
リンク:【フロアガイド】

ミナカと言う名前も気になったのですが、HPによると市民公募により命名されて、
「みなか」は、「真ん中(中心)」という意味の古語だそうで、「多くの人がであい、にぎわう中心(みなか)として愛されるように」という意味だそうです。
リンク:【ミナカ小田原とは】

というわけで今日の本題は3階のフードコートに家族で行ってきたというお話になります。
長いですね。お付き合いいただけてますでしょうか。。。
お店のラインナップを写真に撮ってきたのでご覧ください。



ラーメンが多めですかね。

びっくりしたのが、居酒屋が入っているんですよ。
そして席はいろいろとパターンがありまして、


フードコートらしい席もあれば、

ワーキングスペースのような席もあるので、

なんと呑みながらノマドワーク出来るんですよ!

しませんか?…しませんね。
ノマドなんて自分には分からない世界なので、
そんな仕事だったらと想像して一人で楽しくなっていました。

一角にキッズスペースがあって、子供と一緒に行ったので非常に助かりました。

食べ終わった後は屋上に足湯がありますし、近くの万葉の湯という温泉施設もあるので、
駅地下で買い物したついでにいろいろな施設に気の向くまま動くのも楽しそうですね!

箱根の自然を感じる瞬間 

竹村です。

箱根エリアの案内に行く際に、雨が降っていると樹木の青臭いにおいや、土のにおいがするので、もう冬も間際ですが、車の窓を全開にして走ることがあります。

私は虫が苦手なのですが箱根の自然に触れ合っているうちに、臨戦態勢でないカメムシであればボールペンを介してお部屋の外に逃がしてあげられるようになりました。かなりの進歩だと思っています。

というわけで今日は虫の話題です。苦手な方、お食事中の方はご注意ください。

OKな方はこちらのお写真をご覧ください。

ご案内中に見つけた蜘蛛の巣です、

分かりづらいかもしれませんが、蜘蛛の巣の中にちっちゃい蜘蛛の巣が張ってあるんですよ

はて?と思って調べてみたところ

隠れ帯(かくれおび)、白帯(はくたい)
と呼ばれるものだそうで
姿をカモフラージュするため、逆に姿を大きく見せるため、紫外線光を反射させて獲物を引きつけるため等、多くの説があるそうです。
日本では、「古くからクモの姿を隠す効果がある」との判断から、隠れ帯の名が使われたそうですが、
はっきりしていないため、専門用語としては白帯とよばれるそうです。
Wikipediaより抜粋
個人的には隠れ帯の方が何となく奥ゆかしくて響きがいいなと思っています。

いつも何気なく見ているはずなのですが、ふとした時にこういった事に気づくことってありますよね。
旅行で普段と違う環境から刺激を受けるのも素敵な事ですが、時間を気にせずゆっくり自然の中に身を置くことが本来の自然の感じ方なのかなと思いました。

湯河原 エルルカンビスさんでランチ!

竹村です!せっかく妻と休みが合ったのでエルルカンビスさんのランチに行ってきました。

初めて伺いましたが素敵なお店です。
2種類コースがあったので、ひとつずつオーダーさせていただきました。
写真は抜粋しているので、二種のコースがばらばらで混ざってます。

ピクルスとひよこ豆のペーストがのったクラッカー素朴な味でおいしかったです。

トマトとかぼちゃと茄子のスープ!
かえって家でも真似してみました!苦みの強いオリーブオイルがアクセントです!

炭火の香りがする野菜と魚介がマリネになっていました。
これが実は一番好きでした。


デザートが終わって大満足と思っていたら


幸せすぎます。

エルルカンビスさん食べログリンク